行政書士のメリットとデメリット

資格を習得して行政書士として働くことについてメリットとデメリットを説明します。

まず大きなメリットとして独立開業できる点があります。

行政書士にしかできない業務はたくさんあるため、
上手く営業をすることで多くの仕事を受けることが可能です。

また、開業するために必要なものはそれほど多くありません。
少ない資金で独立開業をして、行政書士として自立できる可能性がある点はメリットです。


他には、社労士やその他の資格を用いて仕事をしている方は、
行政書士の資格を取得することによって仕事の幅を広げることができます。

より多くの仕事の依頼に対応できるようになり、
安定した仕事や収入を得ることが可能となります。

行政書士としての仕事だけではなくて、他の仕事と兼業している人は大勢います。


また、女性でも問題なく行える業務が多いのもメリットです。
女性でも男性と同じ立場になって仕事に取り組むことができます。

デメリットとしては、日本にはたくさんの行政書士がいます。
そのため、ライバルが多い状況の中で仕事を探さなければいけないのです。
また、行政書士の仕事は、弁護士や公認会計士の方が行うことも可能です。

したがって、その分だけ行政書士ができる仕事の数が減ってしまうこともあります。

このようにメリットとデメリットがあるため、
これらをきちんと考慮に入れてから、試験を受けるかどうかを決めましょう。


できるだけ将来の見通しを立てておいて、
自分が行政書士の試験に合格したら、どのような働き方をしたいのか考えておくことは大切です。


>>合格率が全国平均の2倍以上の通信講座の詳細はこちら