行政書士の学習方法の比較をしてみよう

行政書士試験合格のための学習方法である通信教育と通学、独学をそれぞれ比較してみましょう。


まず、費用面を考えてみると、最もお金がかからないのは独学です。

通信教育と通学については、
基本的には後者の方がより高額なお金がかかることが多いです。


学習効率については、独学よりも通信教育や通学の方が優っています。

独学は自分で学習プランを考えて、教材の準備をして、
勉強を進めていかなければいけません。

一方、通信教育や通学ではよく考えられたカリキュラムが用意されていて、
学習スケジュールを準備してもらえます。

これらを用いて実際に合格できた人もたくさんいるため、とても有効です。

時間の都合のつけやすさについては、
独学と通信教育は働きながらでも十分な学習を進めていくことができます。

一方、通学の場合はある程度時間に制約ができてしまい、
仕事が忙しい時には講座を受けることができなくなるケースもあるでしょう。


基本的には独学よりも、通信教育や通学を利用した方が良いです。
お金をかけられない事情があり、なおかつ自分だけの力で
合格できるという自身のある方は独学でも良いでしょう。


通信教育と通学は使う教材や受講できる講座の
種類については大きな違いはありません。

ただし、自宅で自由に行える通信教育の方が多くの方にとっては都合が良いでしょう。


それぞれの学習方法の特徴を理解して、どれを選ぶのかを決めましょう。
どうすればいいのか決められないならば、通信教育がおすすめです。


>>合格率が全国平均の2倍以上の通信講座の詳細はこちら