行政書士試験に有効な情報を集める方法とは?

情報収集はプロの手を借りる

さて、独学で合格を目指すとは、試験に関する様々な情報収集も自分でやらなければならないということに他なりません。通学であれば、資格予備校が様々な情報提供をしてくれるし、通信講座もメルマガなどで情報発信してくれます。それに比べると、独学の情報網はあまり広いとは言えないでしょう。

では、どうやって試験に関する情報を集めたらよいのでしょうか。実は、簡単な方法があります。

●無料のメルマガを利用する

まず一つ目が無料のメルマガを利用する方法です。

資格予備校や通信講座の会社の多くが、無料のメルマガを発行しています。内容は各社様々ですが、受験申し込みの開始や、締め切り前のアラームなど、スケジュール的な案内もしてくれるものが多いようです。

その他に、試験の予想問題や、勉強法、おすすめ教材など役立つ情報がたくさん含まれているので、いくつか読み比べてみて気に入ったものを残せば良いと思います。

●法改正情報は無料ガイダンスがお勧め

法改正部分は試験に頻出なので、法改正情報は絶対に落とせません。

しかし、実際に情報を集めようと思うと、どうしたら良いのか困っている人も多いのではないかと思います。法改正は官報で公布されるほか、主要なものはニュースでも取り上げられますが、日常生活にかかわりが少ない法律だとニュースでもほとんど取り上げられません。たとえば、行政書士試験の本丸である行政法も、ニュースなどで見ることはほとんどないですよね。

そのため、重要であるものの、情報収集が難しいのが法改正です。そこで、法改正情報は、資格予備校の無料ガイダンスでまとめて入手するのがお勧めです。開講や模試などのタイミングに合わせて、無料ガイダンスが開かれることが多いので、その中で法改正に関するガイダンスがないか、マメにチェックしておくと良いです。

法改正の中身だけでなく、それが試験にどう影響するかなど、資格予備校ごとに充実した内容が聞けることが多いので、いくつか参加してしっかり情報をキャッチするようにしましょう。

●試験機関のホームページをチェックする

最後に、試験機関である一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページも定期的にチェックしましょう。ここの情報が最も正しい情報です。お気に入り登録して、いつでも見られるようにしておくのが良いですね。

情報を集めるのも、合格のためには必要なことなので、できるだけ時間をかけず、使える情報を集められるようにしたいですね。