行政書士試験の勉強時間について

国家資格試験には、さまざまな種類があります。
そして、一定の職業に就くためには、
国家資格試験に合格することが条件となっている場合もあるのです。

法律家という職業は、国家資格試験に合格する必要が
あるものが大半を占めています。たとえば、行政書士という職業です。

従来は、行政書士試験に合格することが難しいことであるとは
考えられていませんでした。
全く勉強をしていない人が合格することは不可能ですが、
ある程度の勉強時間を確保して、集中的に学習をするように心がけていれば、
比較的容易に合格することができていたのです。

しかし、徐々に試験の難易度が高くなっていて、
現在では他の法律家と並んで、難関資格の1つという
認識がもたれるようになっています。
中途半端な勉強時間では、とうてい合格することはできない試験です。
通常は、毎日2時間くらいは勉強を続けていかなければなりません。
また、休日などで余裕がある場合は、
5時間から10時間という長めの勉強時間を確保することが大切です。

行政書士の国家資格試験は、毎年1回しか行われていません。
そのため、不合格になってしまうと、1年間を余計に費やすことになるのです。
現在、試験の難易度が非常に高くなっていることを考えると、
1回の受験で合格を勝ち取ることは容易なことではありません。
しっかりと勉強時間を確保するように努めて、
できるだけ短期間で試験に合格することができるようにする必要があります。


>>合格率が全国平均の2倍以上の通信講座の詳細はこちら