NO IMAGE

【ヴァンパイア】システム/目押しコンボ

【ヴァンパイア】システム/目押しコンボ

2022.7.1 情報更新


2回押し格闘ゲーム”ヴァンパイア”のチェーンコンボについて解説しています。

 

目押しコンボとは…

タイミングよく「弱P → 中P → 強K」と押すことで通常技の戻りをキャンセルするテクニック。ヴァンパイアが他の格闘ゲームと一線を画しているのがこの目押しコンボ。使いこなすことで対人戦はもちろんCPU戦も左右されるので仕組みを理解してしっかりと使いこなそう。

 

目押しコンボのルール

  • 弱 → 中 → 強の流れであれば問題なし
  • 立ちからしゃがみ、しゃがみから立ちはOK
  • パンチからキック、キックからパンチ

 

まずは、目押し1回で完結するものから

目押しコンボを練習するには、下段技が有効だ。立ち技はしゃがまれるとスカるモノが多い。また、起き攻めをする時に技を重ねる、飛び込みから繋げるにせよ下段技の使用が望ましいので多段になる打撃、足払いが適しているので練習を繰り返そう。

 

【基本】1回目押し

例として「弱K → 強K」とボタンを操作のみでできるコンボを練習しよう。ここから、繋ぐ技を変えることでバリエーションを増やしていこう。

 

【初級】技を変える

初めの技は買えないので目押しをする技を変えてみる。タイミングは、全く変わらないので問題ないはずなので「弱K → 強P」や「弱K → しゃがみ強K」といった感じで繋ぐ技を変えてみよう。

 

【中級】2回押しキャンセル

目押し1回で2段ができるようになったら次はもう1回目押しを挟んで「弱 → 中 → 強」と繋げてみよう。また、キャンセルとは「弱 → 中」と目押しで繋げて2発目にキャンセルをかけて必殺技に繋げるテクニックだ。

 

【上級】目押しの前に付加する

弱P or K連打からの目押し、飛び込み技を目押しで繋げるといったテクニックだ。例えば「(すべてしゃがみで)弱K → 弱K → 中K → 強K 」と繋げる場合、弱K → 弱Kにより目押しが認識されなくなるのでタイミングを変える必要が出てくる。

 

 

各キャラの目押しコンボについては、それぞれの記事内でまとめているので参考にして欲しい。